むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

何かを始めるのに必要なことはやる気と情熱

f:id:yuttari-kun:20180712211917j:plain

何かを始めるのに何が必要だろうか。

 

豊富な経験か、広い人脈か、それとも熟練の技術か?

 

みなさんは何だと思いますか?

 

私はどれもあるに越したことはないと思います。

 

ですが最も大切なものは、やる気情熱だと思っています。

 

今回はそのやる気と情熱について考えてみました。

 

 

 知識と技術は学べるがやる気と情熱は学べない

この世に知識と技術を学ぶ術はたくさんあります。

 

仕事の現場や学校、教本やベテランに聞いたりすることで知識やノウハウを得ることができます。

 

個人差はありますが一定のレベルであれば誰でも到達できるレベルが存在します。

 

ですが、やる気と情熱は学ぶことがきません。

 

このやる気と情熱はプロの技術者でも教師でも教えることはほぼ不可能でしょう。

 

なぜならやる気と情熱は、本人次第のところが多いからです。

 

情熱とやる気は行動するためのエネルギー源

学ぶことができないやる気と行動ですが、その秘めた可能性はとても大きいです。

 

アントニオ猪木さんの「元気があれば何でもできる」と同じように

やる気があれば何でもできる」と言えると思います。

 

もちろん、正しい方法でトレーニングすることは必要です。

 

ですがやる気や情熱があるか否かでトレーニングの成果に大きく影響するのは、皆さん自身で経験があるのではないでしょうか。

 

いうなればやる気と情熱は行動のエネルギーであり、そのエネルギー量が大きければ大きいほど結果が出易いと言えるでしょう。

 

どうしてもやる気・情熱が出ない時の原因

しかしいつもやる気・情熱があるかといえばそうはいきませんよね。

 

私もやる気にはムラがありますし、どうしても駄目な時はあります。

 

いつもやる気に満ちていればいいのになぁと思うこともあります。

 

ではなぜやる気が出ない時があるのでしょうか?

 

心と体が疲れている

きっと頑張りすぎて心と体が疲れてしまっているのではないでしょうか。

 

心と体は同期しているため、一方が疲れるとそれに反応してもう一方も疲れてしまいます

 

頑張り屋さんや真面目な性格の人は、特にこのような傾向に陥り易いです。

 

ですので常に自分の健康状態に気を配る必要があります。

 

目標を見失っている

「何のためにやっているんだろうか…」

と目標を見失っているとやる気も情熱もなくなってしまいます。

 

始めた当初はやる気に満ちていても、しばらくすると当初の目標を忘れてしまうことがあります。

 

目標を見失うということは進むべき道を見失うことなのでやる気がなくなってしまうのです。

 

目標が高すぎる

目標を立てたのは良いが、高すぎて達成できない状況でもやる気がなくなってしまいます

 

いざやるぞー!!と意気込んだのはいいけれど自分の力ではどうしようもない目標だと達成が困難です。

 

結果的に目標達成ができない期間が長くなり、次第にやる気もなくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

 

そもそもやっていることに興味がない

これは目標以前の問題で、行動自体に目的が見出せない場合です。

 

やはり目的が見出せないことにはやる気も出にくいです。

 

「目的なんか関係ない、やる気を出せよ!!」

と言われればそうなのですが、やる気が続くのは一瞬です。

 

やる気を出すためにできること

ではどのようにしたらやる気を出すことができるのでしょうか。

休むorちょっと別のことをしてみる

疲れてやる気がでない時は思い切って休んでみましょう。

 

頑張り屋さんや真面目な性格の人はこの息抜きがとっても苦手です。

 

  • 旅行する
  • 買い物に出かける
  • 家でのんびりする
  • 運動する
  • 読書する
  • 音楽を聴く
  • 瞑想する

など自分に合った方法で休みを取り入れましょう。

 

作業を止めて原点に戻る

目標を見失ったら一度手を止めてみましょう。

 

無闇に突き進むよりは一度止まって、自分はどうしてコレをやっているのかを考えます

 

どうしても期間の長い作業を続けていると、今の時分がどこにいるのかが分かりづらくなってしまいます。

 

一旦落ち着いて自分の状況をしっかり確認することで、軌道修正や思わぬ発見があるかもしれませんよ。

 

目標の見直しをする

目標が高すぎる場合は、目標の見直しをしましょう。

 

やる気に満ちている時は、自分よりはるかに高いレベルで目標を設定しがちです

 

自分の現状の把握と適切な目標の再設定で、無理のない計画を練り直しましょう。

 

考え方を変えるか、思い切って路線変更する

やる気がでない時は考え方を変えてみるのもありです。

 

仕事でやる気が出ない時は物の見方を変えることで、作業に対する姿勢が変わるかもしれません。

 

ですが、どうしてもそうはいかない時ってありますよね。

 

そんな時はもうその作業はやらないで別の作業に路線変更です。

 

あれこれ悩んでいるよりはガラッと環境を変えたほうが時間も労力も少なくてすむことがあります。

 

まとめ

  • やる気と情熱は習得できない
  • やる気が出ない時は原因がある
  • 無理に続けないで休む、止まることも大事

 

やる気は行動のエネルギーです。

 

自分のやる気をうまくコントロールして、どんどんチャレンジしていきましょう。