むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

通販で買い物したらお店から手書きのお手紙入ってた‼︎

手書きのお手紙ってこんなにも嬉しいものなのか(´;ω;`)

 

先日、通販で買い物をしたら商品と一緒にこのような紙が入ってました。

f:id:yuttari-kun:20180807173411j:image

なんと手書きのお手紙でした‼︎

 

買った商品は自転車用のバッグだったのですが商品以上に嬉しかったです。

 

今までたくさん買い物をしていましたが手書きの手紙をいただいたのは初めてでした。

 

あまりにも嬉しかったのでつい記事にしてしまいました。

 

ですがなぜ手書きのお手紙はこんなにも嬉しいものなのでしょうか?

 

そこにはデジタル化が当たり前になった現代では忘れられがちな温かさがあったのではないでしょうか。

 

手書きにはデジタル文字には無い味がある

手書きの良さはなんといっても個性のある文字です。

 

パソコンで打った文字とは違い字の大きさが違ったりクセのある字になってしまいます。

 

公的な文書ではよほど字が綺麗でなければ使えませんが、手紙ならそのクセが良い味を出しています。

 

人が直接書いている文字にはパソコンの文字にはない温かさがあると思います。

 

今回私がいただいた手紙も3行の文章ですが本当に嬉しかったです。

 

どれだけ上手な文章でも手書きの暖かさには敵わないなぁと今回の手紙で思いました。(*´ ω`*)

 

ちょっとの手間が相手の心を掴む

今回の手紙を頂くまで、私は手書きの手紙の良さをよくわかっていませんでした。

 

以前に仕事の研修で町の電気屋さんに行く機会がありました。

 

昔は家電といえば町の電気屋さんという存在でしたが、今ではビックカメラやヤマダ電機などの量販店によってその存在はとても小さなものになってしまいました。

 

そんな町の電気屋さんですが量販店にはないお客さんとのコミュニケーションをしていました。

 

それが手書きのお手紙でした。

 

お客さん1人1人に手書きで手紙を出すのはとても労力のいることです。

 

ですが町の電気屋さんは1人1人との関係をとても大事にしていました。

 

研修当時はその手紙の良さがわかっていませんでした。

 

ですが手紙を頂いた今ならその良さがわかります。

 

ちょっとした些細な気づかいがお客さんの心を掴むのだと思います。

 

デジタル化で今は手書きの手紙などほとんど利用されることはなくなりました。

 

ですが手書きの手紙というのはいつの時代も読む人の心を温めるものなんだなぁと思います。

 

以上、通販で買い物したらお店から手書きのお手紙入ってた‼︎でした(゚∀゚)