むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

メモをメモで終わらせない~世界一受けたい授業を観て~

f:id:yuttari-kun:20190309234125j:plain

メモ帳を見返したことが今まで何回あっただろうか…

 3月9日(土)の夕方に日テレで放送している「世界一受けたい授業」を観て思いました。

www.ntv.co.jp

授業名は

1行のメモが人生を変える!話題の本から学ぶ、メモの魔力!

ということでメモに関する内容でした。

講師は前田裕二さんという方で番組自体は初登場とのことでした。

  • ただ単に言われたことをメモしていた
  • メモすることはあっても見返すことはしなかった
  • どんな風にメモをして良いかわからない

私もこんな感じで今までメモをしてきました。

 

この授業ではどのようにメモを使うとより効果的なのか。

なるほどと思ったので少しまとめてみました。

 

 講師紹介:前田裕二さんについて

SHOWROOM株式会社代表取締役社長

著書:「メモの魔力-The Magic of Memo-」(幻冬舎)

   「人生の勝算」(幻冬舎)

 

 

前田裕二さんは30代前半の若さでありながら一企業の代表取締役社長を務められています。

著書は2冊あり「メモの魔力-The Magic of Memo-」は楽天ブックスの ビジネス・経済・就職部門で一位。(2019年3月9日デイリーランキング)

Amazon、楽天ブックス共にレビュー数も多くたくさんの人に読まれているようでした。

 

 番組初出演ながらも非情に面白く今からでも使えるテクニックなんかも紹介されていました。

ただ何となく、メモをとるだけで終わっていた私

f:id:yuttari-kun:20190310144054j:plain

みなさんは今まで学校や会社でメモを取りなさいと言われたことがありますか?

私は先生や先輩、上司から何度も言われました。

特に「新人のうちはメモすることが仕事だよ(=゚ω゚)」とアドバイス?されたのを今でも覚えています。

わからないことや初めて聞いたことは何でもメモするように心がけました。

 

しかし、今思えばメモをしなさいと言われたことはあっても

「どのようにメモをしなさい」と教わることや考えたことはありませんでした。

気が付けばただ発言内容や事柄をそのままメモ帳に書いているだけでした。

 

また、自室の机には今まで書いてきたメモ帳が何冊も置いてあります。

メモを取るだけで結局見返さなかった数多くのメモ帳…(;´・ω・)

番組を観ていてそれらのメモ帳に果たして意味はあったのか心が痛くなりました。

前田裕二さん流メモの使い方

前田裕二さんのメモの使い方はいたってシンプルなものでした。

f:id:yuttari-kun:20190310125027p:plain

大事なポイントは3つ

  1. 見開きで使う
  2. 左側に出来事や事実を書く
  3. 右側に考えたことや感じたことを書く

 それらを踏まえて書くとこんな感じでしょうか。

f:id:yuttari-kun:20190310125659p:plain

上手な例が書けなくてごめんなさい(;´・ω・)

 

前田裕二さんのメモ帳には見開きにびっしりメモが書き込まれていました。

私もそうですが多くの人が左側の事実や出来事についてだけメモをしているのではないでしょうか。

自分のメモを見返すと右側の考えたことや感じたことはほとんど書かれていませんでした。

 

事実だけを書くことが悪いことではないと思います。

しかし、その時感じたことを書くことで、後に読み返した時により鮮明にその時のことを思い出せると思います。

メモの習慣をつけるには

f:id:yuttari-kun:20190310141305j:plain

早速メモを見開きで使ってみるぞー('ω')

と意気込んだのは良いものの気が付いたらメモしてない、見返してないなんてことになっては元も子もないですよね。

何ごとも習慣にして初めて身につくとはよく言ったものです。

 

では習慣にするにはどうすればよいのか。

番組内で前田裕二さんが行っていた2つのことを真似してみましょう(*‘∀‘)

①お気に入りのメモ帳を買う

 機能性の良いものとか持ち歩きやすいものとか思ってました。

確かに身の回りで普段から使っているものは使いやすいものよりお気に入りのものが多い気がします。

文房具しかりスマホしかり靴しかり…

 

普段から使うものほどお気に入りのものを使うのが習慣につながるのもわかる気がします。('ω')

②寝る前に5分だけ見返す

前田裕二さんは寝る前にメモを見返しているのだそうです。

日中はメモをするタイミングがたくさんあっても見返すタイミングって意外に少ないと思います。

そこで見返すタイミングを固定するのが習慣づけに効果的なようです。

 

寝る前にスマホをいじるのではなくメモ帳を5分、いや1分でもいいから見返すだけでもだいぶ違ってくるのではないでしょうか。

メモを取る効果

メモを取ることでどんな効果があるのか。

記録するだけでなくこんな効果もあるようです。

①過去の自分との対話ができる

事実と思ったことを書くことであの時はどんなことがあってどう思ったのか、

逆に今、当時のことを振り返ってどう思うのか。

 昔と今と比較することで自分がどう変化したのかを確認することができます。

メモをする最大のメリットはこの過去と今を比較できるところだなと思います。

②一日をただの一日で終わらせない

昨日何があったっけ?

普段何気なく過ごしていると毎日があっという間に過ぎてしまいます。

毎日同じことの繰り返し、と思っていても気が付いてないだけで毎日が全く同じということはないと思います。

 

メモすることで毎日のちょっとした変化や違いに気づくことができると思います。

まとめ

メモの取り方で大事なポイントは3つ

  1. 見開きで使う
  2. 左側に出来事や事実を書く
  3. 右側に考えたことや感じたことを書く

 いかがでしたでしょうか。

メモ帳に出来事とか書いて終わり(*'ω'*)という私にはかなり貴重な情報でした。

 

人それぞれメモの取り方、メモ帳の使い方はあると思います。

ですが自分なりの使い方や取り方が確立されていない人は一度試してみるのも良いかもしれません。

 

これを機に私も前田裕二さん流の使い方をしてみようと思います。(。-`ω-)

まずはコレだ!!と思うメモ帳を買うところからスタートです!!