むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

自転車旅 利根川沿いを東に60kmの旅 千葉part2

こんにちはむーろです٩( 'ω' )و

昨日は千葉県の北西部にある関宿というところまできました。

今日は千葉県の北部にある成田市のキャンプ場に行きました。

ほぼ利根川沿いを約60kmの距離を走りました。

今日は朝から火が照り猛暑の中でのサイクリングでした。

自転車旅2日目

2日目はとにかく自転車を漕いでいたイメージでした。

千葉県北部の利根川沿いの景色を楽しみながら良いサイクリングができました。

5:00 起床

橋の下で野宿するのは良かったのですが、虫の鳴き声と車の音で全然寝付けなかったです。

結局、就寝したのが01:00だったので4時間寝れたかな?ってぐらいです。

日も登りこれ以上は寝れないので、テントを片ずけて朝食にしました。

撤収作業をしていると犬の散歩をしているおじさん2人から声をかけられました。

「どこからきたの〜?(゚∀゚)」

「どこに行くの〜?٩( 'ω' )و」

「おじさんの地元はねぇ…(´ ω`) 」

って感じで5分くらいお話しました。

見知らぬ人に話しかけられることなんて普段はないのでビックリしました。

旅動画やブログで旅をしていると地元の人によく声をかけられる、と語られていたのを思い出しました。

自分のコミュ力でどこまで会話できたかはわかりませんが、挨拶と笑顔だけはできるようにしておきたいです。(;´∀`)

頭上の橋、深夜でもトラックがバンバン通ります…

ちょうど草が低くよくここでテントでもしているのかなと思うような場所でした。

6:30 出発

日が昇りきらない午前中にできるだけ移動距離を稼ぎます。

利根川沿いはサイクリングロードとなっており快適なサイクリングをすることができます。

実際に走っているとロードバイク(めっちゃはやいスポーツタイプの自転車)がサーっと私を追い抜いていきました。

利根川沿いのサイクリングロードはとても走り心地が良く風景も良かったです。

右手に利根川左手に一面の田んぼの風景が広がってました。

10:20 取手市公園で休憩

出発してから約4時間ほど自転車を漕いでいると、流石に暑さと疲れでペースが落ちてきます。

そこで取手市というところの利根川沿いにある公園で休憩をとりました。

公園といっても利根川沿いということだけあってかなり広かったです。

サッカーコート4つ、野球コート5つ、テニスコート3つとかそれ以上がずらーって並んでました。

正直使いきれないんじゃないかと思うくらいあったので壮観でした。 写真を撮り忘れてしまいました…

道中の写真、私の地元の千葉県船橋市は緑豊かな街ではないので利根川沿いの景色はとても新鮮でした。

サイクリングロードはずっと続いているわけではなく、途中で途切れたりしていました。

ですのでサイクリングロード→県道→サイクリングロード と行ったり来たりしながら利根川にそって走りました。

真夏日は適度に休憩を入れないと熱中症になってしまいます。

小まめな水分補給と適度な休憩も自転車旅では距離を稼ぐことより重要なことです。

13:00 成田市 温泉大和の湯で休憩

自転車を漕ぎ続けること6時間30分。

とうとう目的地である成田市に入りました‼︎

成田市は成田空港ある市で有名ですが、私は一度も利用したこともなければ訪れたこともありません。

では成田市はどんなところなのだろうと期待を胸にしていると…

い、田舎やん…( ゚ Д゚)

実際に走ったところは都市部ではないので仕方ありません。

写真の景色がある道はスーパーはおろか、コンビニもないような道でした。

ですが稲の穂が風に揺られる姿は風を感じさせ暑さを一時的に忘れさせるようなものでした。

そんな道をせっせか漕いで、目的地から約1kmにある温泉に行きました。

お昼から温泉はかなりリッチな感じがして気持ちよかったです。

露天風呂から眺める景色を写真に撮れなかったのが悔やまれます。

温泉の敷地自体はとても小さいながらも種類豊富な温泉があり存分に堪能することができました。

www.yamatonoyu.com

16:50 坂田ヶ池総合公園キャンプ場到着

大和の湯でゆっくりしたのち再びキャンプ場へ向けて出発。

10分ほどで到着し早速管理棟で受付を済ませました。

お盆休みのためか家族でキャンプに来ている人が多くとても賑やかでした。

早速テントを設営してあとはのんびりするだけ。

周りが木々に囲まれているためか、夕方以降は涼しやすかったです。

テント設営後はキャンプ場から5kmほど離れたイオンに食料を買いに行きました。

イオンでのんびりし過ぎてキャンプ場に戻る頃には完全に日が沈んでいました。

街灯も無い道を走らなければならないのはとても怖かったです。

キャンプ場では皆々バーベキューをしており家族それぞれのキャンプを楽しんでいました。

昨日は独り橋の下での野宿だったので、人の声がいつもより温かく聞こえました。

夕飯は焼き鳥の親子丼です。

缶詰の焼き鳥に卵を溶き煮詰めてご飯にかければ完成‼︎

外で食べる親子丼はとっても美味しくあっという間に平らげてしまいました。(´ ω`)

写真はイメージ図です。

親子丼はこちらの本を元に作りました。

www.city.narita.chiba.jp

00:00 就寝

スマホとかいじっていたらいつの間にかこんな時間になってしまいました。

今回は耳栓をお店で買っておいたので装備して寝ます。

自動車の音はないけれど虫の鳴き声は依然として存在しています。

ですが耳栓は効果的で鳴き声がほとんど気にならないぐらいまで音を遮断してくれました。

今回はテント泊に慣れたのか耳栓のおかげかすぐに寝ることができました。

おそらくは単純に疲れていたからだとは思いますが。

2日で110km走破も足が限界に

1日目50km、2日目60km合計110kmの距離は、私の人生において初めての経験でした。

8月の炎天下で何時間も自転車に乗るのはとても体力的に辛いものがありました。

そのため2日目を終える頃には太ももの筋肉痛がかなり重症になっていました。

もうちょっと短い距離にした方が良かったかなとちょっと思ったり思わなかったり…

体力の限界を迎え今回の自転車旅は終了

もう自転車でこれ以上遠くに行くのは不可能だと判断しました。

本当は利根川を降り銚子まで生きたかったのですが、もう足が動かなくなりました。

110kmの距離は初心者の私にとっては無謀だったようです。

自転車の速度も通常時の半分くらいしか出なくなりました。

3日目は船橋市の家に帰ることにしました。

市街道以外を走る楽しさを知ることができた2日目

2日目は景色を見ながらサイクリングを楽しむことができました。

普段の生活では絶対に見れないような景色や土地を走ることができました。

人力の自転車は体力や暑さが厳しいですが、そのぶん体全体で自然を感じることができます。

あぁ、また自転車で旅をしてみたいなぁと思うようなステキな1日でした。

んん〜カメラ欲しい(;´∀`)

1日目はこちらです

www.yuttari-life.net