むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

ハバードの人生を変える授業【52の理論と行動】

f:id:yuttari-kun:20180710155439j:plain

「ハーバードの人生を変える授業」という本にとても素晴らしいことが書かれていたのでご紹介します。

本書は人生を変えるためにできることを52個ほど掲載しています。

 

そして、それらを行うことによって人生をより良いものへと変えることができるそうです。

 

筆者のタル・ベン・シャハーは「ポジティブ心理学」という分野の第一人者で、ハバード大学で授業を受け持っていました。

 

その授業がハーバード大学で人気No1となり、多くの学生の人生を変えたとし「伝説の授業」と評されるようになりました。

 

そその授業の内容が本書にまとめられており、理論と実践行動について記されています。

 

これを著者は「リフラクション(反映させて行動する)」と名付け、本書の基本的な扱い方となっています。

 

知識だけでなく行動することで、初めて人生に変化がもたらされると述べられています。

 

今回はその52のリフラクションのうちの1つ、「感謝する」をご紹介いたします。

 

 

 

Week1 感謝する

感謝することは人生をより幸せにすることができるのだといいます。

 

毎日のちょっとしたことでもいいから毎日5つ、感謝できることを書くこと」

 

が大切です。

 

感謝できることであれば何でもOKです。

 

そもそも、感謝という行為に大きいも小さいも、正しいも正しくないもありません。

 

自分が「ありがたい」と思うようなことであれば、それは尊いものだと思います。

 

感謝することの恩恵

感謝することで様々な恩恵があります。

 

毎日1〜2分間、感謝する時間をとったことで次のような恩恵があったそうです。

 

  • 人生をもっと肯定的に評価できるようになる
  • 幸福感が高まる
  • ポジティブな気分を味わえるようになる

 

感謝した内容は朝の目覚めや神様に対してなど、様々なことでした。

 

最終的には

 

  • よく眠れるようになる
  • より運動するようになる
  • 身体的な不調も減る

 

といった恩恵を受けるようにもなりました。

 

感謝することで精神的にも肉体的にも効果が現れるのはとても驚くべきことです。

 

感謝することは特別な技術や知識は必要ありません

 

必要なのはどのようなことにもありがとうの気持ちを持つことだけです

 

感謝ノートを作る

感謝することを毎日5つ書く。

 

そして、ただ書くだけではなく、書いていることを目の前に思い浮かべたり、もう一度体験しているように感じたりすることが大切だそうです。

 

例えば、朝の目覚めの太陽に感謝をしたとしましょう。

 

思い浮かべるのは、明るい温かみのある日差しです。

 

もう一度眠りから覚ましてもらっているように感じながら書きます。

 

そうすることでより感謝の気持ちが深まり、日々の生活でもより意識的に感謝することができるようになります。

 

私の今日感謝したこと

せっかくですので、今日私が感謝を感じたことを5つ挙げてみます。

 

感謝の理由は具体的に書く必要はありません。

 

大事なことは感謝を感じたかどうかです。

 

  1. 友達との買い物
  2. 両親との会話
  3. 我が家のねこが生きてること
  4. つけ麺が美味しかった
  5. アニメ「ウマ娘」面白かった

 

まとめ

人生を変えるに必要なこと

 

  • リフラクション(反映させて行動する)
  • 感謝する

 

人生を変える方法はいくらでもあります。

 

しかしどのような方法であっても、行動することが大事だということは共通しています

 

みなさんも自分がこれは良いな、と思ったことは1つでもいいので実践してみてください。

 

その方法わからない時は、ぜひ「ハーバードの人生を変える授業」からヒントを得てみてください。