むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

自分自身のことを意外なほど知らない

 

 

こんばんはむーろです。(/・ω・)/

 

前回の記事では今の仕事に違和感を持っていることを書きました。

ゆったりblog職場配属3か月目、仕事に行くのが辛い… 

 

ブログ開設早々に何言ってるんだこいつは…( ゚Д゚)ポカーン

とは思いますが今の自分の頭の中を整理するのが目的なのです。

 

 私はどんな人間ですか?

 

私は未だこの問いに対して明確な答えを出せていません。

今まで学校や会社で自分を振り返る機会が何度かありました。

履歴書や面接では自己PR、自己紹介は必ずしなければならないのでその都度悩みました。

その時はそれっぽい事を書いたり言えば良かったのですが

「自分のやりたいこと、望む仕事は何か」を考える今はもっと真剣に自分を知る必要があると思いました。

 

自分はどんな性格でどんな価値観を持っているのか。

喜びや楽しみを感じるのはいつどこで何をどうしている時か。

また辛さや苦しさを感じるのもどんな時か。

自分の生き方をどうしたいのか。

好きなことは、嫌いなことは。

時間を忘れるほど夢中になったことは何か。

等々、現在の心情だけでなく少し過去も振り返りながら自分を見つめなおしたいと思います。

 

[自分を知る3つのツール]

今までの自分分析は自分の経験や周りの人の意見など個人によって判断や情報の偏りがあり今一つ正確性に欠けていたと思います。

そこで、今回は主に3つのツール(本)やサイトを利用し自己分析をおこないました。

 

[①16の性格診断]

 「人は16の性格に分類することができる。」というもの。

4つの特性にそれぞれ2パターンあり【2×2×2×2=16】

ということから16の性格になるらしい。

ちなみに私は「INFP型-芸術家」らしいです。('ω')ノ

 

「16Personalities性格診断テスト」

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

 ↑こちらは約10分ほどの質問に答えていくだけでOK。(無料)

初めてやった時は16の性格診断の的確さに驚きました。

 

上記のサイト以外に利用したのがコチラ。

仕事に焦点を当てた書籍で各性格がどのような職場環境や仕事内容に向いているかなど丁寧に解説されていました。

自分以外の性格を知るのも面白かったです(*‘∀‘)

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

  • 作者: ポール・D・ティーガー,バーバラ・バロン,栗木さつき
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

[②ストレングス・ファインダー]

ストレングス・ファインダーとは個人の才能資質を知るための診断のことです。

ここでいう才能や資質というのは特定の技術や知能のことではなく

才能=頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン*1

を意味しています。

例えば、

共感性・・・相手や周囲の人の感情を察することができる。

社交性・・・見知らぬ相手に対して自身を好きになってもらうことができる。

といった性質のようなものです。

 

この才能というものを知ったのがこの本です。

巻末に診断を受けるためのプロダクトコードがついてます。

本自体が¥1,800なので実質診断料がその価格ですね。ちょっと高いかも(-_-;)

この診断では34の才能から自分が持つ上位5つを知ることができます。

(すべての順位を知るには別途¥8,000くらいかかります。)

16の性格とはまた違った視点から自分の特性を知ることができ面白いと思います。

ちなみに私の上位5つは

内省」「収集心」「学習欲」「最上思考」「着想」でした。

これらについての詳細はまた別の記事に書きたいと思っています。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 

[③リクナビNEXT-グッドポイント診断]

3つめの自己分析ツールは転職サイト「リクナビNEXT」のツールを使いました。

診断内容はストレングス・ファインダーの才能診断に近いです。

 

このグッドポイント診断はリクナビNEXT内で使われている自己分析ツールで登録を行えば誰でも使うことができます。

自己分析だけでなく転職をしようと考えている人にも非常に参考になると思います。

ちなみに私の結果5つは

受容力」「感受性」「悠然」「親密性」「現実思考」でした。

 

next.rikunabi.com

 

[自己分析をするにあたって]

 

  今回は自己分析をするため複数の診断ツールを用いたました。

複数の結果を見ることでより精度の高い、様々な角度から見た自己分析ができると思います。

またいくつかの診断、分析を行っていると結果になにかしらの共通点があると思います。

(例:どの診断でも協調性が高い結果がでてる)

その共通点が自分自身の本質の部分であり自分を生かすヒントになるのではないかと思っています。

今回はさらっと私の自己分析について記しましたが他にも自己分析のツールや方法はたくさんあると思います。

色々と試してみて自分では気づかなかった良さや持ち味を見つけていきければなぁと思います(*^▽^*)

 

この3つのツール、診断についてはまたそれぞれ詳しく記事にしたいと思っています。

長々と失礼しました。

 

 

 

 

 

 

 

*1:さぁ、才能に目覚めよう 新版 STRENGTHS FINDER2.0 From GALLUP TOM RATH 著:トム・ラス 訳:古屋博子 発行:日本経済新聞社 2017年11月24日 1版4刷 P23 図表2「強みの方程式」より引用