むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

同期の大切さを改めて知る

こちらもどうぞ

 

www.yuttari-life.net

 

 

同期との食事会

 今日の夕方、会社の同期2名とご飯を食べに行きました。(*‘∀‘)

彼らと会うのは約2か月ぶりですがとても懐かしく感じました。

 

私の会社は研修期間がとても長く4月~1月(10か月)までありました。

その間は同期のメンバーとはほぼずっと一緒でした。

2月から各人の地元の営業所に配属となり数年、長ければ数十年そこで勤務することになります。

 

私は千葉県の営業所に配属されました。今回食事を共にした同期2名は東京に配属されました。

そのおかげで今回のように会うことは容易でした。 (-ω-)/都会人め

 

この時期はお店が混んでいると思ったので17時から予約を入れました。(同期が)

話題はもっぱら互いの職場や仕事についてでした。

 

「今何やってるの~?」とか「○○が大変でさぁ…」とかとか。

 

そんな誰しもがしたことのある会話を楽しみました。(*‘∀‘)

(デスソース入りのたこ焼きを食べましたがあまりの激痛に泣いてしまいました)

 

2時間くらいお店で会話した後は解散。

同期2人は秋葉原に行くと言ってました。

 

同期の大切さ

今日は改めて同期、同年代の大切さを実感しました。

今の営業所は20代が3人/50人しかおらず他は40、50代ばかりです。

経験豊富な方ばかりなのですがやはり気軽に話せる人が少ないのはとても心細く肩身も狭いです。

 

同期と会うことは何も仕事場の愚痴や悩みを共有することだけではありません。

互いが知っている事や趣味などであれこれ喋って笑うだけでとても楽しいと感じました。

 

明日(4月1日)で入社2年目になり後輩もできます。

更に責任や仕事量も増え様々な悩みを抱えると思います。

そんな時に支えになるのが同期なのだと思います。

一緒に入社したという一種の連帯感のようなものは同期にしかわかりません。 

 

辛い時、大変な時は互いに支えあえる大事な仲間でありたいと今日のご飯を共にして思いました。