むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

メモをメモで終わらせない~世界一受けたい授業を観て~

f:id:yuttari-kun:20190309234125j:plain

メモ帳を見返したことが今まで何回あっただろうか…

 3月9日(土)の夕方に日テレで放送している「世界一受けたい授業」を観て思いました。

www.ntv.co.jp

授業名は

1行のメモが人生を変える!話題の本から学ぶ、メモの魔力!

ということでメモに関する内容でした。

講師は前田裕二さんという方で番組自体は初登場とのことでした。

  • ただ単に言われたことをメモしていた
  • メモすることはあっても見返すことはしなかった
  • どんな風にメモをして良いかわからない

私もこんな感じで今までメモをしてきました。

 

この授業ではどのようにメモを使うとより効果的なのか。

なるほどと思ったので少しまとめてみました。

 

 講師紹介:前田裕二さんについて

SHOWROOM株式会社代表取締役社長

著書:「メモの魔力-The Magic of Memo-」(幻冬舎)

   「人生の勝算」(幻冬舎)

 

 

前田裕二さんは30代前半の若さでありながら一企業の代表取締役社長を務められています。

著書は2冊あり「メモの魔力-The Magic of Memo-」は楽天ブックスの ビジネス・経済・就職部門で一位。(2019年3月9日デイリーランキング)

Amazon、楽天ブックス共にレビュー数も多くたくさんの人に読まれているようでした。

 

 番組初出演ながらも非情に面白く今からでも使えるテクニックなんかも紹介されていました。

ただ何となく、メモをとるだけで終わっていた私

f:id:yuttari-kun:20190310144054j:plain

みなさんは今まで学校や会社でメモを取りなさいと言われたことがありますか?

私は先生や先輩、上司から何度も言われました。

特に「新人のうちはメモすることが仕事だよ(=゚ω゚)」とアドバイス?されたのを今でも覚えています。

わからないことや初めて聞いたことは何でもメモするように心がけました。

 

しかし、今思えばメモをしなさいと言われたことはあっても

「どのようにメモをしなさい」と教わることや考えたことはありませんでした。

気が付けばただ発言内容や事柄をそのままメモ帳に書いているだけでした。

 

また、自室の机には今まで書いてきたメモ帳が何冊も置いてあります。

メモを取るだけで結局見返さなかった数多くのメモ帳…(;´・ω・)

番組を観ていてそれらのメモ帳に果たして意味はあったのか心が痛くなりました。

前田裕二さん流メモの使い方

前田裕二さんのメモの使い方はいたってシンプルなものでした。

f:id:yuttari-kun:20190310125027p:plain

大事なポイントは3つ

  1. 見開きで使う
  2. 左側に出来事や事実を書く
  3. 右側に考えたことや感じたことを書く

 それらを踏まえて書くとこんな感じでしょうか。

f:id:yuttari-kun:20190310125659p:plain

上手な例が書けなくてごめんなさい(;´・ω・)

 

前田裕二さんのメモ帳には見開きにびっしりメモが書き込まれていました。

私もそうですが多くの人が左側の事実や出来事についてだけメモをしているのではないでしょうか。

自分のメモを見返すと右側の考えたことや感じたことはほとんど書かれていませんでした。

 

事実だけを書くことが悪いことではないと思います。

しかし、その時感じたことを書くことで、後に読み返した時により鮮明にその時のことを思い出せると思います。

メモの習慣をつけるには

f:id:yuttari-kun:20190310141305j:plain

早速メモを見開きで使ってみるぞー('ω')

と意気込んだのは良いものの気が付いたらメモしてない、見返してないなんてことになっては元も子もないですよね。

何ごとも習慣にして初めて身につくとはよく言ったものです。

 

では習慣にするにはどうすればよいのか。

番組内で前田裕二さんが行っていた2つのことを真似してみましょう(*‘∀‘)

①お気に入りのメモ帳を買う

 機能性の良いものとか持ち歩きやすいものとか思ってました。

確かに身の回りで普段から使っているものは使いやすいものよりお気に入りのものが多い気がします。

文房具しかりスマホしかり靴しかり…

 

普段から使うものほどお気に入りのものを使うのが習慣につながるのもわかる気がします。('ω')

②寝る前に5分だけ見返す

前田裕二さんは寝る前にメモを見返しているのだそうです。

日中はメモをするタイミングがたくさんあっても見返すタイミングって意外に少ないと思います。

そこで見返すタイミングを固定するのが習慣づけに効果的なようです。

 

寝る前にスマホをいじるのではなくメモ帳を5分、いや1分でもいいから見返すだけでもだいぶ違ってくるのではないでしょうか。

メモを取る効果

メモを取ることでどんな効果があるのか。

記録するだけでなくこんな効果もあるようです。

①過去の自分との対話ができる

事実と思ったことを書くことであの時はどんなことがあってどう思ったのか、

逆に今、当時のことを振り返ってどう思うのか。

 昔と今と比較することで自分がどう変化したのかを確認することができます。

メモをする最大のメリットはこの過去と今を比較できるところだなと思います。

②一日をただの一日で終わらせない

昨日何があったっけ?

普段何気なく過ごしていると毎日があっという間に過ぎてしまいます。

毎日同じことの繰り返し、と思っていても気が付いてないだけで毎日が全く同じということはないと思います。

 

メモすることで毎日のちょっとした変化や違いに気づくことができると思います。

まとめ

メモの取り方で大事なポイントは3つ

  1. 見開きで使う
  2. 左側に出来事や事実を書く
  3. 右側に考えたことや感じたことを書く

 いかがでしたでしょうか。

メモ帳に出来事とか書いて終わり(*'ω'*)という私にはかなり貴重な情報でした。

 

人それぞれメモの取り方、メモ帳の使い方はあると思います。

ですが自分なりの使い方や取り方が確立されていない人は一度試してみるのも良いかもしれません。

 

これを機に私も前田裕二さん流の使い方をしてみようと思います。(。-`ω-)

まずはコレだ!!と思うメモ帳を買うところからスタートです!!

 

給与や肩書じゃない、INFPの私が仕事や職場に求めること

f:id:yuttari-kun:20180712095424j:plain

こんにちは、むーろです(。-`ω-)

最近TwitterでINFPについてみると

  • 社会不適合者
  • 年収がめっちゃ低い
  • 会社員向いてない

とか色々つぶやかれてました(>_<)

 

その中で非情に興味深いつぶやきを発見しました。

 INFPは他のタイプと比較すると所得が低いと言われています。

その理由について私は「INFPの選択する職業や能力的なもの」がその理由なのだと考えていました。

ですがLuさんのつぶやきを読んでみると、確かにその通りだなと腑に落ちる理由が書かれていました。

 

INFPは

  • 収入
  • やりがい
  • 肩書

といったものより

  • 人間関係が良い
  • 興味がもてる
  • 自分の居場所がある

といった感性や人間性を重視していると言えます。

 

 INFPやその他についてはこちら(-ω-)/

www.yuttari-life.net

 

INFPが他タイプに比べ収入が低い

gigazine.net

所得の高低は、タイプ別に明確な差が現れています。最も高いENTJタイプと、最も低いINFPタイプでは2万2000ドル(約219万円)も差があるという結果に。 

自己理解メソッド「MBTI」を使って「稼ぎ」「教育レベル」など人を社会経済的に分類するとこうなる より引用

ENTJタイプはリーダ型と呼ばれ、決断力や行動力に優れ会社やプロジェクトなどのリーダーを務める資質があります。

このタイプが最も所得が高いのも納得ですね。

INFPの私からみたらなんて凄いんだ(;^ω^)と尊敬せずにはいられません。

 

一方でINFPの所得が低いことにも納得してしまう自分もいました。

決断力や行動力なんて無いし、ましてや

リーダーなんて無理無理無理( ;∀;)

などと思っている自分がいるのです…

 

所得が低いのは構わないのですが、なぜ低いのでしょうか?

それはINFPが仕事や職場に対し求めるものが一つの要因だと思います。

 INFPが仕事や職場に求めること

f:id:yuttari-kun:20180714214439j:plain

先ほどのLuさんや他のTwitterのつぶやき、私の(少しの)経験からINFPが仕事や職場に求めることって何なのか考えてみました。

あくまで”INFPの私が重視すること”なので他のタイプはその逆、INFP全員に当てはまるというわけではありませんので悪しからず(;´・ω・)

良好な人間関係

INFPはガラスのハート…

私はとても人からの批判に敏感であると同時に弱いです。

他の人が怒られていたりするとまるで自分が怒られているように感じてしまいます。

また緊張感のある張り詰めた空気の中で仕事をするのも非常に苦しいです。

私が以前働いていた職場は何か重苦しい雰囲気を漂わせていました。

足跡を立てるだけで何かが崩れてしまうのではないか…そんな状態でした。

 

そんな職場では仕事をする以前にいるだけで疲弊してしまいます。

私も次の職場は和やかなゆる~い雰囲気や人間関係であることを願っています(*´▽`*)

 

個人的にINFPが仕事を続けていくためには、この良好な人間関係と職場環境が必須だと思います。

興味がもてるということ

INPFの良くも悪くも自分の価値観を大事にする性格が表れています。

単純作業やルーチンワークが苦手という人は多いのではないでしょうか。

例えば倉庫内作業や工場の生産ラインでの組み立て作業とか。

私は日雇いの倉庫内作業アルバイトをした経験があるのですが3日で辞めてしまいました。(;´・ω・)

また会社の研修で行った1か月工場の生産ラインでの組み立て作業は地獄でした...

体力的に厳しかったこともありますが思考停止で手足だけを動かすのがとても苦痛でした。(>_<)

 

ですが同期の友人は「工場の生産ラインでの作業が楽しい(*'ω'*)」と言っていたので好き嫌いや興味は人によって本当に様々なのだと思いました。

 

INFPに限ったことではありませんが、やってることが楽しいと多少の辛さはへっちゃらですよね。

 

 全ての理想を叶えるのは難しい、妥協できるとこは必要

 他にも個々人で仕事や職場に求めることは様々あると思います。

ですがいずれにしても全ての要求を叶えるのは非情に難しいのかなと思います。

 

職場の人間関係が良いかどうかは実際に働いてみないとわかりません。

また自分自身も上手にコミュニケーションをとっていかなければ良好な職場も作れません。

 

また、興味のある仕事というのも意外と難しいのかなと思います。

そもそも興味のあることってなんなのか自分でもよくわかりません(;´・ω・)

 

 INFPはクリエイティブ(芸術)や教育・カウンセリングといった人を情緒的に助けるのが得意とされています。

私はこれらの分野は全く触れてこなかったのでどういうものかわかりません...

(面白そうだなぁ、とは思っているのですが)

 自分らしくいられるのが一番

f:id:yuttari-kun:20180617183343j:plain

 肩書とか収入とか悩んだり揉めたりするのは嫌。

それよりも

仲の良い人たちと楽しいこと、好きな事をして生きていたい。(*'ω'*)

 

INFPの(少なくとも私の)根底にある部分はこれです。

自分でいうのもなんですがかなり理想主義的で夢を見ていると思います。

そういった部分がINFPは社会不適合だとか生きづらいとか言われるのかなと思います。

 

いろいろと大変な難儀なタイプだとは思いますがのんびり生きていきたいですね。

 

 

www.yuttari-life.net

 

苦しい、死にたい…著者自身が経験した適応障害の本

 

こんにちは、むーろです。

 

3月に入り温かくなるかと思いや寒い日が続きますね(-_-;)

気分転換にと本屋さんに行って色々眺めているとふと一冊の本が目に止まりました。

 

 f:id:yuttari-kun:20190304170455p:plain 

「なんで私が適応障害 暗闇の中で光を見つけた私。」乃樹愛さん[著]

 

”適応障害”

私も適応障害になり昨年7月に新卒入社した会社を退職しました。

今思い返しても辛い毎日だったと思います。

 

「新卒入社したのだから頑張らないと」

「技術も経験もろくに積まないままじゃこの先生きていけない」

「周りのみんなはできているのに自分ができないのは自分の責任だ」

「苦しいのはみんな一緒だ、甘えるな」

 

そんな言葉が社会から世間から聞こえてくるようでした。

毎朝まるで自分の体じゃなくなったように重い体を引きずって出社した日々...

 

この本を読むとまるで自分自身を見ているようで気が付くと涙があふれてました。

  • 心身ともに疲れた
  • 会社に行くのも辛い
  • 適応障害ってどんなのか知りたい
  • 適応障害で苦しんでいる
  • 大切な人が適応障害になってしまった

という方にはぜひ読んでほしい一冊です。

 

 

適応障害とは

適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。

適応障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

 

適応障害はストレスが原因で普段の生活や仕事ができなくなってしまう病気です。

うつ病との違いは次のようなものです。

  • 明確な原因がある
  • 原因から離れると活気が戻る
  • 薬での改善がしづらい

うつ病とは異なる病気ではありますが現代社会において発症しやすい精神病の一つだと思います。

著者自身の実体験

本書は著者の乃樹愛さんご自身の体験したことを漫画形式で語られています。

 

ご自身の学生時代のこと、教室長を目指し学習塾を経営してる大手企業に入社したこと。

がむしゃらに頑張るも適応障害になり心身ともに苦しむこと...

そして心理士の先生や恋人さんと一緒に適応障害と向き合うこと。

 

頑張る姿と徐々に崩れ自分を追い込んでしまう姿に心を痛めずにはいられませんでした。

 

全てを投げ出してしまいたくなるほど追い詰められる

f:id:yuttari-kun:20180703181144j:plain

「死にたい」

タイトルページをめくり、本編の記念すべき最初の一コマ目の言葉でした。

 

真っ暗な部屋にテレビがついているだけの部屋。

しかし、頭の中はテレビ番組のことでは無くて自らの命を絶つにはどうしたらよいのかということ。

そして、「生きててごめんなさい」と独り涙を流していました。

 

適応障害は命に関わる病気なのだということを改めて感じました。

ここ数年でうつ病による自殺や過労死の問題が特別な事でなく普通に起こりうることとして取り上げられるになりました。

 

 しかし、私は会社に入って仕事をするまで自分がこうなるとは思いもしませんでした。

適応障害の苦しみ

f:id:yuttari-kun:20180714214546j:plain

また同じことを繰り返してしまうのではないかという不安

休むことや仕事を辞めることは改善、緩和されることはあっても完治することは難しいと思っています。

 

もちろん各個人で症状の程度は異なるので完治する人はいます。

しかし、適応障害の最も厄介なところは適応障害で苦しんだことがあるということだと思っています。

 

「そんなんじゃどこ行っても同じことの繰り返しだよ」

 

私が退職前に上司から言われたことです。 

乃樹愛さんも転職エージェントから同じような事を言われています。

同じことを繰り返してしまうのではないか。

「絶対に繰り返しません」などと誰が言えるのでしょうか。

 

決して拭えない不安。

これは職場や原因から遠ざかったからといって簡単に治るものではないと思います。

 

 理解されない苦しさ

 適応障害とネットで検索すると「甘え」とか「怠惰」とか「ゆとり~」といったコメントが多くみられます。

 

心の病って他人から見たらそう見えるのかなと思います。

誰だって自分が辛い中耐えているのに出来ない様を見せられれば甘えと非難したくもなります。

 

ですが人は一人ひとり別人です。

みんなは大丈夫でも私はもう限界なんです。

誰にも理解されないまま、誰にも相談できないままどんどん精神がすり減っていくのです。

 

適応障害に限らず心の病の苦しいところは理解を得ることが難しいところなのかぁと思います。

 

適応障害でも生きていくには

f:id:yuttari-kun:20190304225742p:plain

やはり独りで抱え込まないのが一番なのだと思います。

 

乃樹愛さんも心理士の先生や恋人さんに支えてもらいながら闘病生活を送っていました。

心が疲れて病んでいる時はどうしても負の方向へ考えてしまいます。

最終的には命を絶ってしまうかもしれません。

 

そうなる前に心療内科や精神科などの医療機関に相談しましょう。

家族や友達には思いのほか相談し辛かったりします。(私がそうでした)

 

また、乃樹愛さんが書いたこの本のように自信と同じような境遇の人の話を聞くのも良いかもしれません。

誰かと気持ちを共有するだけでもだいぶ違うと思います。

 

まとめ

適応障害を患った人なら身に覚えのあることがリアルに描いてあります。

 

この本を読んだからといって今すぐに何かが劇的に改善するということはないと思います。

ですが、私はこの本を読んで少し心が軽くなったように思います。

 

自分と同じように辛くて苦しんで涙を流して、それでも頑張って生きている。

そんな姿に私は勇気をもらった気がします。

 

世間が言う、「みんな同じように辛くて苦しくても頑張って生きている」とは違うもの。

 

私も少しずつでいいから前を向いていけたらなぁと思います(。-`ω-)