むーろのゆったりblog

どうしてこんなにも生き辛いのだろう?そんな悩みと向き合いながらゆったり生きていくブログです。

今の会社辞めて次はどうするの?1年4ヶ月で会社を辞めて得たものとは

f:id:yuttari-kun:20180703181144j:plain 新卒入社した会社を1年4ヶ月で辞めてから約1ヶ月が経過しました。

あれほど就活就活と騒いで就職したのと比べ退職は本当にあっさりしたのもでした。

毎日朝起きて重い体を無理やり動かしていた日々は無くなった今、生活や心情はどう変化したのでしょうか。

残念ながら、無気力感と怠惰な生活をここ1ヶ月送っています。

今の会社を辞めて次はどうするかを考えなかったらどうなるのか。

新卒入社した会社がなんか辛いなぁ、でも辞めるのはちょっとなぁと思う人の参考になれば幸いです。

ホワイトな会社を1年4ヶ月で辞めた理由

私は家電修理の仕事をしていました。

会社は知名度もあり福利厚生もしっかりとした世間的に言えばホワイト企業でした。

ですが私は1年4ヶ月でそんなホワイト企業を辞めました。

辞めた理由は主に2つありました。

1つ目は体がついていかなかった、2つ目は職場の雰囲気に馴染めなかったことです。

理由①:肉体労働が向いてなかった

どうやら私は自分が思っている以上に軟弱だったようです。 工場研修の時は同期で最初に体調不良になったり、熱中症になったりしました。

運動不足はもちろんのことでしたが肉体労働は向いていなかったのです。

どうして自分はこんなにも弱いのだろうとすごく落ち込みました。

理由②:職場の雰囲気に馴染むことができなかった

研修が終わり、職場配属されて3日目のことでした。

なんかこの職場変だな…具体的にどう変かはわかりませんがそんな違和感を覚えました。

結局その違和感は仕事量に対する人員の少なさからくるピリピリとした雰囲気でした。

同年代も少なくうまくコミュニケーションを気づくことができなかった私は職場に馴染むことができませんでした。

次第に職場に行きたくなくなり朝起きられなくなりました。

心療内科に行き適応障害の可能性があると診断され薬を処方されました。

心療内科での処方も虚しく日々辛さは増し退職を考えるまでに至りました。

辞めて何するのか?考えもなしに会社を辞めて1ヶ月

退職を考えた場合、一番に考えることは何でしょうか。

大半の人は、次はどうするのか?ということだと思います。

私も辞めてからどうしようかを考えました。

しかし特別やりたいこともなく、この会社に入った強い理由もありませんでした。

退職時にあった思いは、とにかくこの状況から早く抜け出したいという気持ちだけでした。

つまりは後のことは辞めてから考えようというものでした。

そうして約1ヶ月が経過しました。

会社を辞めて辛い毎日から解放されたのだから安息の日々が待っていると思っていました。

仕事の苦しみから解放され次は何をしたいのかという苦しみが待っていた

仕事を辞めたからといって安息の日々は来ませんでした。

辞めて1週間ほどは毎日をのんびり気の向くままに過ごしていました。

ですが次第にこれからのことについて考えるようになりました。

仕事を辞めたことで収入はなくなりました。

貯蓄があるうちは無収入でも大丈夫ですが、いつまでも続くわけではありません。

それに無収入で貯蓄を切り崩していくというのは精神的にかなり苦しいものです。

収入があるうちは買い物をしても来月の給料が入るので気持ち的に余裕があります。

しかし無収入なので減っていくだけ。

高い買い物をしようものならば残りの寿命を一気に削るようなものです。

刻々と減っていく貯金残高を見る度に絶望にも似た気持ちを抱きます。

早い話、収入が無ければ収入を作れば良いのです。

ですが私は仕事というものに対して前向きになれなくなっていました。

ハローワークに行くも求人を探すことはしなかった

会社を辞めると失業保険というものを受け取ることができます。

申請には自身の管轄地域のハローワークにて申請をします。

申請から約3ヶ月後から失業保険として給料の何割かの給付金を受け取ることができるようになります。

今日ハローワークに行き手続きをしてきました。

求人を探すためのパソコンがズラリと並んでおり実際に検索している人が何人かいました。

私も検索すれば良いのですが気がすすまず今日は事務手続きだけ済ませました。

また同じように職場に馴染めなかったらどうしよう、自分には仕事をする能力なんてないのではないだろうか…なんて考えてしまいました。

ニートは嫌だ、でも仕事も嫌だ

行動しなければいけないのはわかっているのですが、自分がどうしたいのかわからないのです。

このまま身に任せて再就職しても同じことの繰り返しになる。

そんな予感にも似た何かが心の奥でつっかえています。

しかしこのままではニートになってしまう。

それだけは絶対に嫌だと思いつつも行動に移すことができないでいる。

就職当時はこうなることなんて微塵にも想像していないことでした。

今まで社会的に下と思っていた存在に自分がなっていた。

そんな自分に自己嫌悪→行動しない→自己嫌悪→

仕事が辛くて毎朝吐き気と戦っていた時と状況はあまり変わっていないような気がします。

買い物でストレス発散して貯金を減らしていく

こうなると毎日がストレスとなってしまいます。

この1ヶ月は今までで一番お金を使ったと思います。

収入は無くなったとわかっていてもこの不安やストレスを発散させなければ潰れてしまうのではないか。

そんな気持ちから買い物に走ってしまいました。

しかし、物を買ったとしても残ったのは虚しさだけ。

また衝動買いしたことへの自己嫌悪でストレスを増やす負の連鎖。

退職は想像以上に体にも精神的にもダメージを与えるものでした。

いきなり退職よりは休職を考えてみて

f:id:yuttari-kun:20180707150038j:plain 退職後もいろいろと大変な毎日ですが、退職したことに後悔はありません。

あのまま仕事を続けるのは本当に辛かったと思います。

できれば辞めた後はどうするのか決めておくのが一番良いと思います。

ですが辛い生活を送っていると毎日を生きていくので精一杯で考える余裕なんてありません。

私はいきなり退職という手段をとってしまいましたが休職しても良かったかなと思います。

休職なら退職or継続かを考えることができます。

きなり退職してしまうと就職するしか選択肢がありません。

ちょっと今の仕事に、会社に悩んでるという人は休職も視野に入れてみてください。

会社を辞めたからといって死ぬわけじゃない

f:id:yuttari-kun:20180820231054j:plain 色々悩むことはありますが、なんだかんだで生きてます。

これは些細なことのように思えてとても大きいことです。

世の中には毎日辛い仕事をして自殺してしまう人が大勢います。

理由は人それぞれブラック、ホワイト関係なくあると思います。

理由に大小ありません。

本人にとって辛いものは辛いのです。

周りがどう言おうと関係ありません。

結局は自分が辛いかどうかの話だと私は思っています。

ですので今の仕事や会社、人間関係で辛いなぁと思ったら転職、休職、退職を考えてみてください。

転職、休職、退職したいと必ず

「甘ったれるな」

「お前弱いなぁ」

「最近の若者は」

「そんなんどこいっても通用しないよ」

と言う人がいます。

気持ち的に凹んだりショックを受けるかもしれません。

ですが頑張って受け流しましょう。 (私は「そんなん昔から知っとるわ 泣」とほぼ半泣き状態で受け流しました)

この言葉を真に受ける必要はありません。

本当に追い詰められてからだと自殺しか考えることができなくなります。

自殺する人は自殺を選んだわけじゃなく、自殺しか考えられなくなって自殺してしまいます。

会社を辞めても死ぬわけじゃないけれど、会社を、仕事を続けてたら死んだ。

人生を会社や仕事に潰されるのって悲しいと私は思います。

世間的には厳しい批判をされるかと思います。

ですがこのまま続けるのはどうなのかな?と疑問に思えるうちに今の自分を振り返ってみてください。

無職の24歳のこれから

これからどうしようか。

たいした学のない頭で何を考えるというのか。

と悩んでいると親友の1人から11月に結婚するって報告がきました。

皆それぞれの人生を歩んでいるんだなと感じました。

ひとまずは無収入の現状をなんとかしようと思います。

正社員を目指すか、バイトで食いつなぐか。

まぁ人生なるようになるでしょ‼︎

深刻に考えても自体は好転しません。

とりあえず本屋さんのバイトでもしてみたいなぁなんて思います。

【自転車旅】普段自転車に乗らない初心者は10kmの距離から

ちょっと自転車の旅に出かけてみたいな。

でも、普段は運動もしないし自転車に乗って遠くまで行ったこともないし。

ちょっと遠くに行くとしてもどれくらいの距離がいいのかな?

普段から自転車で遠出しない人はどのくらいの距離まで行けるのかわかりませんよね。

そんな時は10km(往復20km)の距離を走ってみることをオススメします‼︎

この記事では

  • 自転車に荷物を積んで旅してみたい
  • 普段からあまり自転車に乗らない
  • どれくらいの距離を走れるかわからない

といった人にどうして10kmが良いのか紹介したいと思います。

10kmは体力的にも時間的にもちょうど良い

みなさんは普段の生活で自転車に乗ってどの距離を移動しますか?

私は8km先のショッピングモールによく買い物に行きます。

おそらく多くの人が10km以内の移動だと思います。

10kmは1時間もあれば走れると思います。

ですので10kmは遠すぎず近すぎずのちょうど良い距離だと言えます。

しかし、人によっては10kmも遠く感じると思います。

そのような場合は5kmでもOKです。

あくまで10kmは目安です。

自分が走ったことのある距離プラス数キロ程度で調整してみましょう。

距離と時間の感覚をつかむことができる

10kmは旅をする上で1つの単位になります。

距離を考える時は10km単位で考えることがほとんどです。

ですので10kmを走ることができれば後はその繰り返しです。

10km走る時間がわかれば旅の計画を立てやすくなります。

また実際に走っている時にあと目的地までどれくらいで着けるかもわかってきます。

10kmの道に慣れるのは単に距離を伸ばすだけではありません。

時間や距離の感覚も覚えることができ一石二鳥なのです。

10kmは日帰りできて荷物も少ない

10kmとなれば荷物を少なくすることができます。

そのため体力が少なくても大丈夫です。

荷物も最低限これくらいあればOKでしょう。

  • 飲み物
  • 食料
  • タオル

夏場なら熱中症対策に飲み物は多め持ったり帽子をかぶったりしましょう。

汗が気になる人は着替えも持って行くのもアリです。

バッグに必要なものを入れてすぐに出発できるのが10km旅の良いところです。

初めての自転車旅で気をつけるポイント3つ

さぁ自転車で旅に出るぞー‼︎

と気合を入れるのは良いのですが自転車に乗る以上気をつけなければいけないことがあります。

それは目に見えることから見えないものまで、一歩間違えれば事故の危険もあるのが自転車です。

そんな気をつけるべきポイントを確認してみましょう。

交通ルールは絶対に守る

f:id:yuttari-kun:20180819001841j:plain こんなの当たり前だよと思われるかもしれませんが、とても大切なことです。

2017年の交通事故の2割は自転車事故だそうです。

私自身、自転車を運転していて死ぬかと思った瞬間が何回かあります。

自分を守るのは自分です。

旅は目的地に安全に到着するのが第一優先ということを忘れないようにしましょう。

守るポイント * 赤信号は止まる * 車道の逆走はしない * 路肩の狭いところを無理に走らない * 市街地は速度を出しすぎない * スマホは止まって操作する

スマホのながら運転は歩行者、運転者問わず事故に直結しますので絶対にやめましょう。

適度な休憩と小まめな水分補給をする

特に夏の暑い時期は熱中症に気をつけましょう。

30分か長くても1時間に5分の休憩をとりましょう。

休憩は日陰で風通しの良い場所がベストです。

あるいはコンビニのような冷房が効いている場所も効果的です。

水分補給はもっと小まめにとりましょう。

10分に1回や信号に止まるごとに飲むぐらいの気持ちで十分です。

ポイントは小まめに飲むことと喉が乾く前に飲むことです。

喉が渇いたなぁと思った時は水分が足りていない証拠です。

できるだけ喉が乾く前に水分を補給しましょう

夏の猛暑の中では日の暑さを全身に受けることになります。

ちょっと休憩をはさみすぎたかな、と思うくらいでちょうど良いと思います。

自転車の状態をチェック

久しぶりに自転車に乗るという人は要チエックです。

運転中に壊れた! ブレーキが効かない⁉︎ タイヤがパンクした‼︎

なんてことにならないように出発前に自転車の状態を確認しておきましょう。

必要とあれば自転車屋さんにメンテナンスをお願いしましょう。

出発前に見ておきたいポイント

  • タイヤに空気は入っているか
  • チェーンに錆や汚れは付いていないか
  • ブレーキの効きは十分か
  • ライトは点灯するか
  • ベルは鳴るか

まとめ

自転車に不慣れな人は片道10kmの運転からチャレンジしてみましょう。

10kmも走れば自分の体力がどの程度なのか、どのくらいの速度で走れるかなど多くのことがわかります。

10kmが余裕に感じられるのなら次は15km、20kmと距離を伸ばしてみましょう。

もし10kmが厳しく感じた場合でも落ち込む必要はありません。

少しずつゆっくりでも良いのでまずは10kmの完走をめざしましょう。

自転車旅はレースではありません。

自分のペースで旅路を楽しむものです。

自分に合ったペースと距離を見つけて楽しい自転車旅にしましょう。

私の初自転車旅です。 www.yuttari-life.net

自転車旅行 初心者の限界と思い出 part3

こんにちは、むーろです٩( 'ω' )و

自転車旅3日目は体の限界がきたので家に帰ることにしました。

初めての3日間の旅は大変ながらも多くの楽しさや気づきを得ることができました。

足が痛い、かなりゆっくり漕ぎながらの3日目

帰りは国道464号を一直線の道のりでした。

3日目はとにかく疲れと太ももの筋肉痛が辛かったです。

普段運動しない私のような初心者には少し厳しかったのかなと感じました。

6:00 起床

屋外での睡眠に慣れてきたのか疲れなのかぐっすり寝ることができました。

テントから這い出ると涼しい風と照りつける朝日ではっきりと目を覚ましました。

ほかのキャンパーさんたちはまだ寝ているようで辺りは静かでした。

早速テントや寝服を片付けて朝食を取ることにしました。

8:30 出発

テントは設営より撤収の方が時間がかかります。

朝食を終え荷物をまとめたら少しキャンプ場を散策しました。

せっかくきたキャンプ場なのでささっと帰るのではもったいありません。

なにやら面白そうな滑り台があったので滑って見ました。

思いのほかスピードが出たのでびっくりしました。

またお尻がかなり振動がきて痒くなってしまいました…(´・ω・`)

一通り見て回ったらキャンプ場を出発しました。

天気は快晴で気持ちの良い風が吹いていました。

11:00 自転車大好きおじさんにからまれる

帰りの国道を走っているとロードバイクに乗ったおじさんと出会いました。

かなり自転車が好きなようで休憩も兼ねてコンビニで少しお話しすることにしました。

そのおじさんは毎年7月に北海道一周をしているそうで今年で13回目だそうです。

北海道のあれこれを30分ほど聞いてお別れ。

いつかは北海道にも自転車で行ってみたいなぁと改めて強く思いました。

14:00 帰宅

ひたすら直線の国道を走り約5時間。

ようやく家に帰ってきました。

3日間の旅はここで終了。

荷物を降ろし早速シャワーを浴びました。

しばらくは筋肉痛と疲れで動けそうにもありませんでした。(;´∀`)

初めての3日間の旅を終えて

普段の生活では見れないような景色や土地を見ることができました。

8月は本当に暑く熱中症対策を怠ると一瞬でダウンしてしまいます。

今回の旅は3日間でしたが多力をつけてもっと遠くへ行ってみたいと思います。٩( 'ω' )و

1日目 www.yuttari-life.net

2日目 www.yuttari-life.net